特別副専攻教育プログラム

役に立つ実践的法学教育メニュー

 21世紀に入り社会の法化が進む中で、島根大学のそれぞれの学部・学科を卒業し、将来多様な職場で活躍することとなる学生にとっては、職業人として、また一市民として、社会に生起するさまざまな法的な問題に対して適切な行動がとれるかどうかが問われる場面が多くなる。このことを踏まえ、特別副専攻教育プログラムは、所属学部・学科に関わりなく、本学の学生が基礎的な法的知識だけでなく基礎的な実践力をも修得することにより、卒業後、法的な問題に対して適切な行動がとれるようになることを教育目標としている。
 特別副専攻教育プログラムについては、現在、来年度からの実施に向け、その具体的な内容等を本センターで検討しているところである。具体的な内容等が決まり次第、HP等でお伝えする。